2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
【お問い合わせ受付時間】
7:00〜22:00(年中無休)
【お問い合わせ先】
フリーダイヤル:
0120-497-265

お客様対応品質向上のため、お電話の内容を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。
brolico@imagine-gc.com
 

飲み方、飲み合わせについて

Q1日何粒飲めばいいですか?
A

栄養補給の食品として目安量は1日3〜6粒とご案内しております。1日18粒ほどお飲みいただいている方もいます。様々なお客様がいらっしゃいますので、お飲みになる量について疑問があれば、いつでもご相談を承ります。

Qどのような飲み方が効果的ですか?

食品ですので、基本的にいつ飲んでいただいても構いませんが、2〜3回に分けて飲むことが理想的です。食前でも食後でもかまいませんが、忘れないようお食事の後に飲まれる方が多いようです。

Q他の健康食品を飲んでいますが、大丈夫ですか?
A

基本的に食品から抽出したものですので、他の健康食品と一緒にとっていただいても問題ありません。

Q薬との飲み合わせに問題はありますか?
A

薬を飲んでいる場合は、治療方針もございますので、かかりつけのお医者様にご相談くださいませ。なお、ブロリコに含まれる成分について、お問合せが多いものについて、以下にご案内します。

  • ビタミンK
    ビタミンKが含まれていますが、ごく微量で、3粒あたり432ng(ナノグラム)となっており、1日の摂取目安量の1%未満です。
  • カリウム
    カリウムが含まれていますが、ごく微量(3粒7.77mg、1日の摂取目安量の1%未満)です。
  • プリン体
    ブロッコリーにはプリン体が多く含まれるとされていますが、当社の独自製法(国際特許取得済み)により有効成分(ブロリコ)を抽出するため、ブロリコ3粒あたりプリン体は数mgのみの摂取と推定されます。これは、プリン体の1日の摂取制限の目安 (400mg) のわずか1%未満の量です。
  • 葉酸
    野菜のブロッコリーには葉酸が多く含まれるとされていますが、ブロリコはブロッコリーから特殊な方法で抽出された成分となり、ブロリコに含まれる葉酸は3粒あたり数μg(マイクログラム)のみのとなり、葉酸の1日の許容上限摂取量(1,000μg)の1%未満となります。
Q子供、高齢者に飲ませても大丈夫ですか?
A

ブロッコリーを主成分とした食品ですので、お子様からお年を召された方まで、幅広くお飲みいただいております。

Qペットに飲ませても大丈夫ですか?
A

野菜のブロッコリーはペットフードにも使用されておりますし、問題ないと考えております。実際、飲ませている飼い主様からの反響があまりにも大きく、2017年にはペット向け製品「ブロリコ・ペット」も販売開始しました。

Qオブラートを使用したり、錠剤を割ったりして飲みやすいように加工しても大丈夫ですか?
A

問題ありません。

Q水で飲むのが一番いいかとは思いますが、飲み合わせが悪いものはありませんか?
A

水でもジュースでも問題ありません。お味噌汁やスープにいれて火にかけていただきますとすぐ溶けます。ブロリコ成分自体は熱にも強いのでご安心ください。

Q妊娠、授乳中に飲んでも大丈夫ですか?
A

野菜から抽出されたものを主原料としておりますので、お飲みいただけると考えておりますが、安心してお飲みいただくためにも、かかりつけのお医者様に、箱やボトルに表示されている原材料や栄養成分表示を見て頂き、アドバイスを受けて下さい。


ページの先頭へ